新刊のご案内

新刊

電子情報工学実験Ⅱ
2021年度版
弘前大学理工学部電子情報工学科 編
定価 1,320円(本体価格1,200円+税)
発行 初版第1刷 2021年9月28日

書籍詳細へ

暗号技術を支える数学<第2版>
暗号技術を支える数学<第2版>
長瀬智行・吉岡良雄・別宮耕一  共著
定価 2,750円(本体価格 2,500円+税)
発行 2021年3月30日

書籍詳細へ

「白神学入門〈2021〉」表紙
白神学入門〈2021〉
弘前大学農学生命科学部附属白神自然環境研究センター 編
定価 1,980円(本体価格1,800円+税)
発行 2021年3月22日

書籍詳細へ

弘大ブックレット No.14 人、人と育つ 弘前大学 教育学部特別活動授業録
弘前大学教育学部 編
定価 550円(本体価格500円+税)
発行 2021年3月22日

書籍詳細へ

暗号技術を支える数学
暗号技術を支える数学
長瀬智行・吉岡良雄・別宮耕一  共著
定価 2,640円(本体価格 2,400円+税)
発行 2020年9月30日

【品切れ・第2版販売中】

書籍詳細へ

弘前大学レクチャーコレクション 学びの世界へようこそ
弘前大学出版会 編
定価 1,760円(本体価格1,600円+税 )
発行 2020年3月19日

書籍詳細へ

知の散歩シリーズ2 福島に学ぶ 放射線総合科学の展開を目指して
嶋 昭紘 監修 柏倉幾郎 編著
定価 1,650円(本体価格1,500円+税)
発行 2020年3月2日

書籍詳細へ

編集者イチオシ

「白神学入門〈2021〉」表紙
白神学入門〈2021〉
<編集者イチオシ!>
 白神山地はブナの森が広範囲に広がり、その中に多種多様な動植物が生息・自生する貴重な山域です。 1993年には、日本で初となるユネスコの世界自然遺産に登録されました。弘前大学においても、遺産地域から車で1時間程度の立地条件を活かし、白神山地をフィールドとした調査研究活動が続けられてきました。 本書は、弘前大学で開講されている「青森の自然―白神学Ⅰ―」のテキストとして、白神山地をフィールドとする研究者らが、さまざまな角度から白神山地の自然やくらしを紹介しています。地象・気象、植物、動物、教育・文化などの多岐にわたる研究分野から構成されており、白神山地の魅力を広くわかりやすく発信しています。 講義受講生はもちろんのこと、白神山地について幅広い知識を得たいという方々に一読いただきたい書です。
(担当編集員:正木 卓)
弘前大学農学生命科学部附属白神自然環境研究センター 編

書籍詳細へ

弘大ブックレット No.14 人、人と育つ 弘前大学 教育学部特別活動授業録
"「トッカツ」を通して教育を考える" <編集者イチオシ!>
学校教育を通じて,誰もが経験したことのある「特別活動」略して「トッカツ」。 でもその時間にどんなことを学んだかをはっきりと覚えている人は少ないのではないでしょうか。 そもそもなぜ「トッカツ」が必要なのでしょうか。本書では,その答えを「人と人との出会い」に求めています。 ここには,豊富な教育経験を持つ授業者の数々の「出会い」と,その意味が綴られています。 様々なエピソードを通じて,今学校にいる人はもちろんのこと,かつて学校に通っていた人も,自身の経験がよみがえってくることでしょう。 そして本書を最後まで読み通すと,皆さんの「トッカツ」に対する見方も大きく変わるかもしれません。 決して「特別」なものではない「トッカツ」の意味や,教師の役割といったものが, これまでとは違った形で見えてきます。単に「トッカツ」にとどまららず, 広く教育全般を考えるうえでの有用な視点が本書にはあります。 弘前大学教育学部の多くの卒業生が「思い出に残る授業」として挙げた伝説の授業を紙上にて再現しました。 授業者の,本からあふれんばかりの情熱に満ちた語り口や,教室の熱気をぜひ感じてください。
(担当編集員:髙瀬 雅弘)
弘前大学教育学部 編

書籍詳細へ