書籍案内

ここから本文です

ベトナム農村の組織と経済

  • 秋葉まり子 編著
  • A5判・172頁・上製
  • 定価 3,520円(本体価格3,200円+税)
  • ISBN 978-4-907192-32-7
  • 発行 2015年7月13日

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

本書は、ベトナム農業の「組織化」が、経済発展に伴い深刻化する農村、農家、農業を取り巻く「三農問題」への適合的、合理的な行動をとり得る主体となりうるのかという問題を、生産、流通、販売、金融面でのケーススタディーを通して明らかにしようとしている。
・関連書
弘大ブックレットNo.4 いまベトナムは―経済の移行と発展への道のり―
EU統合の流れの中で東欧はどう変わったか―政治と経済のミクロ分析―
グローバライゼーションの中のアジア―新しい分析課題の提示―

目次

序章  本書の分析視角      (秋葉まり子)
 補論 ベトナムの農業政策    (坂田正三)
第1章 ベトナム農村社会における中間組織:歴史的
    観点からの試論      (白石昌也)
第2章 中間組織としての農村大衆団体の変化
                 (坂田正三)
第3章 合作社の役割と農業問題  (秋葉まり子)
第4章 メコンデルタ農業における中間組織
                 (荒神衣美)
第5章 ハノイ市安全野菜フードシステムにおける
    中間組織        (高梨子文恵)
第6章 ベトナム農村のマイクロファイナンス:大衆
    団体の仲介と運営パフォーマンス
                (秋葉まり子)

【カテゴリー】, ,